時代のかたすみで

ポケモンとカメラが好きです。

細胞を擬人化した漫画 『はたらく細胞』を紹介!

今回は細胞を擬人化した漫画『はたらく細胞』の紹介+感想を語りたいと思います。

※説明下手です。

f:id:blacksnivy:20170801143405j:plain

あらすじ

赤血球二酸化炭素を運んでいた。

すると突然、血管内皮細胞が破れ、肺炎球菌たちが出現。

赤血球が危ないところを白血球に助けられた。

それをきっかけに、赤血球は白血球と知り合う。

f:id:blacksnivy:20170801224106j:plain

(出典:はたらく細胞

肺炎球菌たち。結構怖いですね。

登場人物 紹介(一部)

細胞って本当に多いから紹介しきれない(´・ω・`)

f:id:blacksnivy:20170801171712j:plain

(出典:はたらく細胞

この女の子は赤血球

主人公的存在。新人でドジっ子。アホ毛が特徴。

ドジっ子。それがまたいい。

f:id:blacksnivy:20170801213934j:plain

(出典:はたらく細胞

赤血球の仕事は「体の隅々の細胞へ酸素を運び、肺へ二酸化炭素を送ること」です。f:id:blacksnivy:20170801174642j:plain

(出典:はたらく細胞

この男の人は白血球

主人公的存在の2人目。真面目で面倒見がいいです。

その面倒の良さは、迷子である新米の赤血球を肺まで案内したほど。

仕事は「体内に侵入した細菌・ウイルスを排除すること」です。

f:id:blacksnivy:20170801223847j:plain

(出典:はたらく細胞

「死ね!!この雑菌がァァァ!!」

失礼しました。

白血球さんは容赦なく細菌の駆除をするので、周囲の細胞から恐れられています。

「うわっ 白血球だ」とか「ほんと容赦ないな」とか言われています

f:id:blacksnivy:20170801205047j:plain

 (出典:はたらく細胞

この子は血小板

 仕事は「血管が損傷したときに、集合して傷口を塞ぐこと」です。

これが乾くとかさぶたになります。

 

上記のほかにも、色々出てきます。

「ヘルパーT細胞」、「マクロファージ」、「キラーT細胞」なども出てきます。

色んな「役割」などを知ることができます。

あとはご自身で購入して確認してみてくださいね。

「第1話」は試し読みできるみたいです。

紹介はこれくらいにして、感想を語ります。

感想・個人的に思ったこと

出てくる細胞は、聞いたことがあるものから聞いたことがないまでさまざま。

f:id:blacksnivy:20170802194820j:plain

(出典:はたらく細胞

漫画の中では菌や細胞がどのようにして体内に入り、そしてどう対処しているかなど分かりやすく解説しています。

すでにお気づきかも知れませんが、枠の中に説明等が書かれています。

 

生物が全然ダメな私でも、いくつか細胞の知識がついたと思います。

とても楽しく、学ぶことができました。

私は、もう少し自分の体を大事にしようと思いましたねw

結論

この漫画は普通に学校に置いてあってもいいと思いました。

学校の先生方、ぜひご検討をお願いします!

勉強にもなりますし、生徒も細胞(生物)に興味を持ちそうです。

では、この辺で。

はたらく細胞』はAmazonからも購入できます。

追伸

Youtubeでは「第5巻発売決定記念のスペシャルアニメ映像」が公開されています。

白血球さんイケメン。