時代のかたすみで

時代のかたすみで

低クオリティでやってます。楽しんでいただけたら幸いです。

進水式の時に船にぶつける瓶って何なの?

船が完成した時、「進水式」というものを行います。その時に勢いよくパンッ!とを船体にぶつけます。その瓶は一体何なのでしょうか。

今回は進水式の時に船にぶつける「」について解説していきます!

進水式」とは?

進水」とは、船が生まれて初めて海に浮かぶ瞬であり、船としての誕生を祝うとともに航海の無事を祈る式典です。(後略)
(引用元:内海造船株式会社

f:id:blacksnivy:20200526212808p:plain

(出典:海上自衛隊

結論から申し上げますと、この瓶は「シャンパ」です。

みなさんも、お祝いのときなどに飲まれるかと思います。

進水式も同じで、船の誕生をお祝いをします。

(出典:太平洋フェリー

(出典:海上自衛隊

 進水式方法(流れ)

1.命名を行い、船に名前をつける。
2.船首につないだ1本の支綱を切断する。 支綱にはシャンパンのボトルやくす玉が連結しており、切断と同時にシャンパンのボトルは船首にぶつかって割れ、くす玉は割れて紙吹雪やリボンが空中に舞う。
3.支綱切断後に船が船台から水面に向けて滑り出し、同時にブラスバンドの演奏が行われ、船尾から進水が始まる。
(横方向からの場合もある。船首方向からだと勢いが付きすぎて浸水式になる恐れがあるためである)
なお、支綱とシャンパンを連結せず、手で直接船にぶつけて割る方法や、投げつけて割る方法がとられる場合もある。

(引用元:ニコニコ大百科

では、なぜシャンパが使われるのでしょうか?

西洋で行われていた進水を祝う催しが装飾や儀式に変化していったという説がある。ヴァイキング進水式において人間を生贄として捧げていたたとされ、後には生贄ではなく血を連想させる赤ワインを使う風習となり、さらに白ワインからシャンパに変化したのが通説とされる。
(引用元:Wikipedia
ヴァイキング(バイキング)とは、8世紀から12世紀にかけてのスカンジナビア半島の居住者のことです。一般にはスカンジナビア半島の海賊を指しています。 
ちなみにですが、進水式には絶対にシャンパン使え!という決まりはありません
日本だと日本酒を使うところもあるみたいです。なので、ウイスキーなどといったほかの酒類が使われることもあります。
特殊な事例として、教会の船はミルクを使ったり、禁酒法があったアメリカではジンジャエールを使ったこともあるみたいです。

進水式ジンクス

進水式は必ず晴れる

f:id:blacksnivy:20200513012118j:plain

(出典:ぱくたそ
シャンパンのボトルが割れないと縁起が悪い。不幸になる。

f:id:blacksnivy:20200513012848j:plain

(出典:Wikipedia
・支綱切断時に古くから悪魔を追い払うと言われているため、銀の斧を用いる。

f:id:blacksnivy:20200513011440p:plain

(出典:海上自衛隊

進水式種類

進水式の方法は、主に2種類あります。

ドック進水

f:id:blacksnivy:20200525225504p:plain

(出典:海上自衛隊

造船台に乗せたままドックに水を注入させ、船を浮かび上がらせます。

(大型の船舶は重いので、進水台を滑らすと転覆して事故を起こす可能性があります

船台進水

f:id:blacksnivy:20200525230745p:plain

(出典:海上自衛隊

進水台を滑りながら船尾から入水します。

船首から入水すると勢いがつき、転覆する可能性があるからです

日本の船ではこの「船台進水」を採用しているところが多いようです。

f:id:blacksnivy:20200525232720p:plain

(出典:USA Military Channel2) 

横滑り式」を使うところもあるようです。

 -------------------------------------------------------

というわけで今回は、進水式についてでした!