時代のかたすみで

時代のかたすみで

低クオリティでやってます。楽しんでいただけたら幸いです。

海上自衛隊の新型潜水艦が進水!

海上自衛隊の潜水艦「たいげい」が進水しました!

「たいげい」は、三菱重工業神戸造船所で建造されました。

f:id:blacksnivy:20201015210915j:plain

たいげい型潜水艦「たいげい

(出典:海上自衛隊 ホームページ

たいげい」は「大鯨」と書き、大きな鯨を意味します。

建造費はおよそ728億円です。

今までは「おやしお」型、「そうりゅう」型といった潜水艦を建造してきましたが、今回は新しい型となります。一番艦、すなわちネームシップです。

基準排水量3,000トンで、2,900トンのそうりゅう型よりやや大きくなっています。

  たいげい そうりゅう
基準排水量 3,000トン 2,900トン
水中排水量 未公開 4200トン
全長 84m 84m
全幅 9.1m 全幅
吃水 未公開 8.5m
機関 ディーゼル+電動機 ディーゼル+スターリング+電動機(1~10番艦)
ディーゼル+電動機(11~12番艦)
速力 不明 水上13ノット / 水中20ノット
装備 533mm魚雷発射管×6門(18式/89式魚雷、ハープーン)
潜航深度 非公開 非公開
乗員 70名 65名

たいげい型は、そうりゅう型より探知能力の向上ソーナー静粛性探知性能被探知防止性能が向上しています。

また、女性自衛官が潜水艦に乗れるようになったため、居住区(寝室)に仕切り等を設けて、女性自衛官が勤務に対応できるようにしてあります。

f:id:blacksnivy:20201017002012j:plain

(出典:海上自衛隊 ホームページ

そうりゅう型潜水艦「しょうりゅう

そうりゅう型10番艦「しょうりゅう」までは、スターリングエンジン蓄電池を搭載していました。ですが、11番艦「おうりゅう」からはディーゼル・エレクトリックリチウムイオン電池を搭載しています。これは、世界で初めての試みです。

リチウムイオン電池は鉛酸電池の2倍以上といわれており、水中航行能力が高くなり、潜航時間も大幅に延ばすことができます。

f:id:blacksnivy:20201017001851j:plain

「たいげい」は、リチウムイオン電池を搭載しています。また、新型の「18式魚雷」を搭載予定です。

18式魚雷は機関に水素・酸素燃焼タービンを採用しているため、排気がなく、水を排出するだけという魚雷です。つまり、航跡が見えない最強の魚雷です。囮装置も搭載し、深海域や音響環境が複雑となりやすい沿海や浅海域にでも、目標を探知・攻撃できます。

f:id:blacksnivy:20201017010528p:plain

(出典:艦載装備品開発の歩み,技術研究本部資料

現行の「89式魚雷」も最強と言われています。89式魚雷最大深度は推定900mです。つまり、そうりゅう型などは900m潜れるということになります。

他国(例を挙げると中国)の潜水艦の最大深度は推定300m~400m程度なので、自衛隊の潜水艦に向けて魚雷を撃っても途中で圧壊してしまうため、攻撃は不可能ということになります。

※あくまでも「推定」です。

f:id:blacksnivy:20201015220351j:plain

命名を行う、岸信夫防衛大臣

(出典:海上自衛隊 ホームページ

過去に建造された潜水艦には「」の名前、「」の名前が付いていましたが、今度は「」の名前です!

「鉄のくじら」と呼ばれている潜水艦にはふさわしいですね!

2番艦以降は「白鯨」、「黒鯨」、「長鯨」 「迅鯨」....とかでしょうか?

f:id:blacksnivy:20201015222259j:plain

(出典:海上自衛隊 ホームページ

「たいげい」は2022年3月に引き渡される予定です。

配備先は未定でですが、おそらく呉でしょう。(今までの潜水艦の1番艦は呉だったため)

日本のために頑張れ、たいげい!