時代のかたすみで

時代のかたすみで

暇つぶしになれるような記事を書いてます。楽しんでいただけたら幸いです。

時代のかたすみで

小田急電鉄 10

秦野駅の近くへ撮影しに行きました。

富士山をバックに撮れる、結構有名な「秦野ストレート」と呼ばれる場所です。

秦野駅から徒歩約5~6分秦野3号踏切のちょっと先です。

(※撮影日は2022年3月5日です。)

f:id:blacksnivy:20220313132544j:plain8000形

1983年に運行を開始した、通勤形車両。輸送力増強を担う高性能車両として登場。2013年にワンハンドル化LED表示器の設置などのリニューアルが完了。

f:id:blacksnivy:20220313132519j:plain3000形

2002年に運用を開始。小田急初の電気ブレーキを採用したオールステンレス車両。

f:id:blacksnivy:20220313131835j:plainロマンスカー GSE(70000形)

2018年から運用開始。「箱根につづく時間(とき)を優雅に走るロマンスカー」というコンセプトのもとに開発。

f:id:blacksnivy:20220313131927j:plainロマンスカー MSE(60000形)

2008年に運用を開始。小田急初の座席指定制車両地下鉄東京メトロ)に乗り入れることができます。

f:id:blacksnivy:20220313132428j:plain1000形(リニューアル)

1988年に運用を開始した、小田急初のオールステンレス車

2014年からLED照明装置への変更LCD表示器広告用表示装置の設置などのリニューアルを行っている。

f:id:blacksnivy:20220313132737j:plain5000形

2020年より運用開始。拡幅車体を採用車内スペースを拡張各車両に車いす・ベビーカースペースを設けている。

f:id:blacksnivy:20220313132846j:plainロマンスカー EXE(30000形)

1996年より運用開始。10両、6両、4両の様々な用途に合わせて運行が可能。

f:id:blacksnivy:20220313132955j:plainロマンスカー VSE(50000形)

2005年より運用を開始。箱根観光用のロマンスカーとして登場。

被った(´・ω・`)

f:id:blacksnivy:20220313133243j:plain

客室には約4mの連続窓を採用天井は2.5mのドーム型を採用。

VSEの「V」は「Vault」から来ており、ドーム型の天井の意味を表している。

主要機器の更新が困難」などの理由から、3月11日に定期運行を終了する。

f:id:blacksnivy:20220313133752j:plain

もう一時間待った(`・ω・´)
ちょっと富士山が霞んでしまいました。

ここから小田急へ移動。

どうせなら、最後くらいVSEに乗ろうと思ったので。

※最終日は混む(密になる)ので行きません。というか座席ないでしょ。

f:id:blacksnivy:20220313133944j:plain

f:id:blacksnivy:20220313134024j:plain

f:id:blacksnivy:20220313135759j:plain

売店があった所にこんなものが。

売店及び車内サービスはコロナの影響により終了しています。

f:id:blacksnivy:20220313134422j:plain

新宿まで乗り、到着後は普通電車で帰りました。


後日、またリベンジしに行きます。

(※当ブログの写真は無断転載禁止です。)

小田急電鉄 公式サイト

ロマンスカーVSE 特設サイト

参考文献

小田急電鉄

詳細図鑑 小田急ロマンスカーの車両技術(2018年 オーム社)

鉄道まるわかり 002 小田急電鉄のすべて(2018年 旅と鉄道編集部)

鉄道部門:車両紹介|企業・IR情報|小田急電鉄

Copyright © 2022 In the Corner of the Era. All rights reserved.