時代のかたすみで

時代のかたすみで

あまり知られてない、自衛隊の「火炎放射器」の存在とは?

自衛隊が「火炎放射器」を所持していることを知っていますか?

携帯放射器(出典:Wikipedia

正式には「携帯放射器(けいたいほうしゃき)」といいます。

陸上自衛隊の普通科部隊に配備されております。

実は火炎放射器の使用は禁止されている!

火炎放射器と聞くと、よく「汚物は消毒だ~!!」というセリフが思い浮かびますが、実は火炎放射器を使うことは"禁止"されております。

特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)」によって禁止されており、CCWは「無差別な武器」、「無用に人体に苦痛与える武器」などを禁止する条約です。

普通科部隊(出典:Wikipedia

使用が禁止されているものの例として、「失明をもたらすレーザー兵器」、「X線を用いても検出不可能な破片を利用する兵器(プラスチックといった非金属など)」があります。

CCWで禁止されている「焼夷兵器」がそれにあたり、火炎放射器のほかに「焼夷弾」、ナパーム弾」、「火炎瓶」などがあります。

ではなぜ所持しているのか?

茂みを焼却するアメリカ陸軍(出典:Wikipedia

火炎放射器は第二次世界大戦、朝鮮戦争・ベトナム戦争にて兵器として使用されておりましたが、次第に「ロケットランチャー」といった携行兵器が発展してきました。

火炎放射器は射程と運用者の安全性で劣ります。(射程が短い、燃料タンクがむき出しのため被弾すると危険)

 

そのため、現在では戦闘兵器としては用いられなくなり、障害物の焼却などに使用します。

もちろんですが、自衛隊は携帯放射器は兵器としては使用しておりません。ですが、非兵器目的で使用した事例があります。

「携帯放射器」を使用した事例と効果は?

陸上自衛隊「携帯放射器」(出典:陸上自衛隊

自衛隊は昭和37年台湾から輸入し、コレラ菌に感染したバナナを消毒・焼却作業に用いたことがあります。

文字通り、汚物は消毒だ~!をしたわけです。

また、翌年昭和38年豪雪での災害派遣で、雪を溶かすために使用されたことがありました。...が、効率が悪く使用が中断されたそうです。

まったく雪には効果がなかったそうです。

携帯放射器 訓練展示

では、携帯放射器の動画を見てみましょう。

大久保駐屯地 第4施設団 訓練展示 

携帯放射器の展示は4:20~より。


かなり威力があるのがお分かりいただけたと思います。こんなのが大昔、世界各国が兵器として使っていたなんて恐ろしいですよね。

 

というわけで今回は、自衛隊の「火炎放射器」ついてでした!

陸上自衛隊 公式Webサイト

Copyright © 2024 In the Corner of the Era. All rights reserved.